スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七夕~☆

2007–07–06 (Fri) 22:14
皆さん 七夕って本来の意味知ってますか??w

私は・・・正確に知ってるとは言えませんwww
という訳で調べてみました~☆

『七夕』

七夕(しちせき/たなばた)は、日本・中国・朝鮮などにおける節供・節日のひとつ。旧暦7月7日の夜のことであるが、日本では明治改暦以降は7月7日または月遅れの8月7日に多く祭が行われる。五節句の一つにも数えられる。

古くは、棚機(たなばた)とも表記し、今日一般的にたなばたと発音するのはその名残である。元来中国での行事であったものが奈良時代に伝わり、もとからあった日本の棚織津女(たなばたつめ)の伝説と合わさって生まれた言葉である。




物語ってどんなだったっけwww

むかしむかし、天帝という神様が星空を支配していたころ、天の川の西の岸に、織女という天帝の娘が住んでおりました。織女は機織り(はたおり)がたいへん上手で、彼女の織った布は雲錦と呼ばれ、色も柄も美しく、丈夫で着心地も軽い、素晴らしいものでした。

一方、天の川の東の岸には、牛飼いの青年、牽牛が住んでおりました。牽牛は、毎日、天の川で牛を洗い、おいしい草を食べさせたりと、よく牛のめんどうをみる、働き者でした。

天帝は、くる日もくる日も、働いてばかりいる娘を心配して、娘の結婚相手をさがすことにしました。そして、天の川の向こう岸に住む牽牛をみつけると、2人を引き合わせ…

「おまえたち2人は、まじめによく働く。牽牛よ、わしの娘、織女と夫婦(めおと)にならぬか?」

牽牛は恐縮したようすで

「天帝様、私のような者には、夢のようなお話しでございます。ありがたくお受けさせていただきます」

織女も、働き者の牽牛をたいへん気に入り、2人はめでたく夫婦となりました。

ところが、一緒に暮らすようになると、2人は朝から晩まで天の川のほとりでおしゃべりばかりをしています。

これを見た天帝は

「おまえたち、そろそろ仕事をはじめたらどうだ?」

といましめますが、牽牛と織姫は

「はい、明日からやります」

と答えるばかりで、いつになっても仕事をはじめるようすがありません。

織女が布を織らなくなってしまったため、機織り機にはホコリがつもり、天界にはいつになっても新しい布が届きません。また、牽牛が世話をしていた牛たちも、やせ細って、次々に倒れてしまいました。

業を煮やした天帝はとうとう、2人を引き離し、1年に1度、7月7日の夜だけ、天の川を渡って、会うことを許しました。

今でも2人は、7月7日に会えるのを楽しみにして、天の川の両岸でまたたいているとのことです。


こんな感じなんだってさwwww


七夕伝説のおこりは中国です。もともとは、中国の織女(しょくじょ)牽牛(けんぎゅう)の伝説と、裁縫の上達を願う乞巧奠(きこうでん)の行事とが混ざりあって伝わったものといわれています。

織女と牽牛は夫婦なのですが、仕事をせずに遊んでばかりいたので、1年に1日のデート以外は仕事、仕事の毎日を強制されるという儒教的思想の色濃いお話。昔の農民が「仕事、仕事」の毎日を哀れむために作ったのが七夕伝説の最初なのではないかといわれていますが、中国の後漢のころ(1~3世紀)には作られていたようです。

日本へは遣唐使などによってもたらされ、日本に従来からあった棚機津女(たなばたつめ)の信仰とが混ざってできたとされています。もっとも、その他にも琉球地方には羽衣伝説などと混ざった形で七夕伝説が伝承されており、正確にいつ日本に伝わったかは定かでありません。

江戸時代には、書道学問の上達を願う行事となり、また、おり姫星とひこ星を引き合わせるため、たらいに水を張り、そこに2つの星を反射させてわざとたらいをゆらし、2つの星があたかもくっついたようにすることも行なわれていたようです。






って言うか・・・そこまで骨抜きになれるような相手に
出会いたいものですわ・・・。

(・д・)チッ
スポンサーサイト

« ちょっとデキル女??(*´艸`) | HOME |  けーこ(BlogPet) »

コメント

天の川に願いを込めて・・・マセン^^;

 山梨に仕事行ってたんだが、夜は曇って天の川がまるで見えませんデスタ・・・ 昨日は07年7月7日ということでイベントはパチンコぐらいかなぁって思ってましたが、七夕っていう古来からのイベントを素で忘れてますた・・・

極端な人たちだ^^;
はたらきすぎから、あそびすぎ。。。
そして、年1回にしぼる天帝も。。。
月1ぐらいにしてあげたらいいのにね^^;
ぼそ・・・ これが歴史上初の別居か(・・

で、がんばってねw
きっと、出会えますよw

棚ぼたならな~~ 
いつでも待ってますが?(ぉぃ

コメントありりん♪

<ヨッちゃん>
・・・。
すっかり心まで・・・(w

<パプたん>
週末婚ってやつですか??w
とに姫が素敵な人と出会えるように
パプたんも新年にお賽銭を入れてお祈りするように!!(ぉ

<3倍玉転がしてる人>
棚からぼた餅落ちてきて
カビが生えていても良いのか??w

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://kuchanlove.blog68.fc2.com/tb.php/440-18001726

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

ランダム電光掲示板 ver.なめらか

FC2カウンター

ダジャレ図鑑

プロフィール

生後2ヶ月のレイ先生w ・.。*・.。*カワ・.。*(*´д`)ノノ・.。*ェェ・.。*・.。*

とに姫

Author:とに姫

↑↑クリックしてレイのお話聞いてあげてくださいw

最近の記事

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。